メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島次郎

熊本の戦後文学作家、『現車』初の完全版 庶民と町の変遷、圧巻の語りで

 <日曜カルチャー>

 熊本の戦後文学を代表する作家、福島次郎(1930~2006年)の長編小説『現車(うつつぐるま)』(前篇(ぜんぺん)2592円・後篇2808円、論創社)が刊行された。原稿用紙2000枚超の大作。前篇を収めた『現車』(日本談義社)が61年に出版されて以来、56年ぶりの完成となる。出版に尽力した熊本市在住の日本近代史家、渡辺京二さん(86)は「日本近代文学を超えた語り(騙(かた)り)の文体が出色。観察眼も生きている。熊本の明治・大正・昭和をこれだけ包括的に描く作品は比類がない」と話す。【米本浩二】

 純文学シーンに独自の航跡を残した福島次郎は、熊本市内の賭博の胴元だった母親の私生児として誕生した。4人きょうだい全員父親が違う。高校教師をしながら地元の『詩と真実』同人として創作にのぞみ、同性愛をテーマとした「バスタオル」(96年)と「蝶のかたみ」(98年)が芥川賞候補になった。98年には三島由紀夫との愛憎をつづった『三島由紀夫-剣と寒紅』を出版。三島の未公開書簡掲載などで著作権侵害だと遺族に訴…

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです