上ノ国八幡宮

道最古の本殿、1日限りの公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1日限りで公開された上ノ国八幡宮本殿。見学者らは感嘆の声を上げた=北海道上ノ国町で22日
1日限りで公開された上ノ国八幡宮本殿。見学者らは感嘆の声を上げた=北海道上ノ国町で22日

 北海道内に現存する神社建築で最古とみられる上ノ国町の「上ノ国八幡宮本殿」が22日、約6年半ぶりに一般公開された。通常は保護のため覆屋内にあり非公開だが、先月末に道の有形文化財に指定された記念として1日限定で特別に開放。住民ら65人が訪れ、歴史の重みに感じ入った。

 1699(元禄12)年建築と推定され、屋根までの高さ2メートル78センチ、…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集