メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
アカミミガメ

新駆除法「日光浴わな」 福岡・堀に試作品

石丸山公園の堀に浮かぶ日光浴わな。陽気に誘われて多くのカメが上ってくる=福岡県大木町大角で、上田泰嗣撮影

 外来種のミシシッピアカミミガメの被害に悩む福岡県大木町は今年度、新しい駆除方法に挑戦する。甲羅干しをする亀の習性を利用し、水中に浮かべた生けすに落とし込む「日光浴わな」。先進的に取り組んでいる兵庫県東播磨地区の関係者に指導を受けて試作品を設置し、期待は膨らんでいる。【上田泰嗣】

 米大陸原産のアカミミガメは戦後にペットとして大量に輸入された。飼えなくなって放されたり、逃げ出したりした個体が野生化。全国で確認され、生態系への影響が懸念されている。

 農業用クリーク(堀)が縦横に張り巡らされ面積の14%を占める大木町でも、ハスやヒシなどの植物が食害…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです