メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外夏の甲子園 履正社が初優勝、星稜・奥川を攻略
アクセス

14歳プロ藤井四段 無敗13連勝 羽生に迫る神童

プロデビューから11連勝を達成した藤井聡太四段=大阪市福島区の関西将棋会館で2017年4月4日午後5時15分、三村政司撮影

 羽生善治王位(46)を上回る可能性を秘めた神童が現れた。史上最年少の14歳2カ月で昨年秋にプロ入りした藤井聡太四段(14)がデビュー戦で加藤一二三九段(77)を破り、その後公式戦無敗。デビュー戦からの公式戦連勝記録も13に伸ばしている。それまでプロ入り最年少記録は、加藤九段の14歳7カ月。羽生王位は15歳2カ月だった。いったいどんな少年なのか。【新土居仁昌/大阪学芸部、大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1889文字(全文2094文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです