メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン

抗議のドレス レイプ加害者守る法、廃止訴え

 【カイロ篠田航一】レイプの加害者が被害者と「結婚」すれば暴行の罪を免れる法律があるレバノンで、この法律の廃止を訴える動きが起きている。人権団体は、包装紙などで作られたウエディングドレスを首都ベイルートの通りに並べるパフォーマンスを見せた。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどによると、議論の的にな…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです