メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

福島の6年 「それぞれ」の桜 

境内の桜を眺めながら語る玄侑宗久さん。「今こそ放射線の影響について、専門家が科学的な知見を語るべきです。そうしないと分断はどんどん深まってしまう」=福島県三春町の福聚寺で18日、小林祥晃撮影

 春の到来に人は心を躍らせる。でも、東京電力福島第1原発事故の影響が続く被災地の人々はどんな思いで桜を見ているのだろう。避難指示は多くの地域で解除されたが、古里の復興までの道のりは遠い。被災者に寄り添うはずの今村雅弘復興相は、自主避難者の行動は「自己責任だ」と言い放った。東日本大震災から6年となる春を迎えた福島県三春町を歩いた。【小林祥晃】

この記事は有料記事です。

残り2307文字(全文2478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです