メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1970年代、芸能界の取材で、芸能プロ「サンミュージック」の初代社長、相沢秀禎さんと親しくなった。相沢さんのもとには、桜田淳子さん、松田聖子さん、岡田有希子さん、酒井法子さん……。「女性アイドルといえばサンミュージック」と言われるほどだが、なぜか、男性アイドルに縁が薄い。だから「第二の郷ひろみを作る!」が口癖だった。

 日本テレビ系のタレント発掘番組「スター誕生!」の“伝説のプロデューサー”池田文雄さんは、彼に会うと「まだ、男の子の夢が捨てきれないようだな」とからかったものだ。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 愛知で87人感染、69日ぶり80人超 大村知事がハロウィーン自粛呼びかけ

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです