メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人に聞く/山形

山形・山寺地区の英語版マップ作った 遠藤まき子さん /山形

遠藤まき子さん

外国人に魅力伝えたい 遠藤まき子さん(55)

 松尾芭蕉の「奥の細道」で知られる立石寺がある山形市の山寺地区で、増加する台湾やタイなどの訪日外国人(インバウンド)に英語で魅力を伝えようとする動きが活発化している。昨年4月に作った英語版のマップは「分かりやすい」と大好評。活動を主導する山寺観光協会婦人部の遠藤まき子代表(55)は「体験型の観光地は全国的にも珍しい。独特の雰囲気を味わってもらえるように、積極的に英語で対応したい」と意気込んでいる。【野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1345文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです