メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人に聞く/山形

山形・山寺地区の英語版マップ作った 遠藤まき子さん /山形

遠藤まき子さん

外国人に魅力伝えたい 遠藤まき子さん(55)

 松尾芭蕉の「奥の細道」で知られる立石寺がある山形市の山寺地区で、増加する台湾やタイなどの訪日外国人(インバウンド)に英語で魅力を伝えようとする動きが活発化している。昨年4月に作った英語版のマップは「分かりやすい」と大好評。活動を主導する山寺観光協会婦人部の遠藤まき子代表(55)は「体験型の観光地は全国的にも珍しい。独特の雰囲気を味わってもらえるように、積極的に英語で対応したい」と意気込んでいる。【野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1345文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです