特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第75期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・稲葉陽八段 第1局の8

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

構えをシフト 観戦記・関浩

 図は9筋を突き合ったあと、稲葉が[後]6二金と上がったところ。味わい深い一手である。上部に厚みを築き、直後の[後]8一飛を見据えている。

 [後]8五飛型が攻撃的な上段の構えであるのに対し、最下段に構える[後]8一飛は守備力に優れる。[後]6二金と上がったことにより、2一の桂を保護していることに注目願いたい。

 では、なぜ、稲葉は構えをシフトさせたのか。佐藤が隙(すき)を見せないからにほかならない。ここまで、佐藤は飛車の横利きを通したまま駒組みを進めている。本来ならば、[先]3六歩~[先]3七桂と活用したいところだが、飛車の横利きが止まった瞬間を捉え、[後]6五桂や[後]7五歩が有効になる危険がある。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文567文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集