メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

「部活指導員」導入に課題 位置付けは「学校職員」 人件費どう捻出

バレーボール部員にスパイクの技術指導をする吉井ゆかさん(中央)=東京都世田谷区の緑丘中学校で2017年3月、金秀蓮撮影

 <kyoiku no mado>

 教員の長時間勤務の一因となっている部活動。文部科学省は今月から、教員の負担を軽くしたり、部活動を安定的に運営したりするため、部活動の指導や大会への引率をする「部活動指導員」を学校教育法に基づく学校職員に位置付けた。中学校の運動部には、校外から3万人近くの指導者が参加しており、教員から歓迎の声が上がる一方で課題もある。

この記事は有料記事です。

残り1944文字(全文2121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです