連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

木俣修の歌を鑑賞=酒井佐忠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 木俣修の短歌を知らない人も多くなった現在である。北原白秋の美意識を受け継ぎつつ、戦中戦後を生き抜く現実を格調高く歌った作品を残した。学究者としての功績も多い。歌人が没して三十数年を経たいま、木俣を師として仰ぐ外塚喬が、『木俣修のうた百首鑑賞』(現代短歌社)を刊行した。外塚は現在、仲間たちと冊子「木俣修研究」の出版を続けているが、最晩年までの鑑賞本は初めて。師に長く接した歌人ならではの精密な読みで、人間像が浮き彫りにされる。

 <地平の果もわが佇(た)つ丘もさばかるるもののごと鎮み冬の落日>。歌集『冬暦』にある代表歌。裁かれる「わが佇つ丘」は、戦争という痛ましい事実を経た現在の姿と著者はとらえる。その上で、「世の中のすべての人が戦争について考えなければならない」ことを自省を込めて歌っているものと考える。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文565文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集