メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

木俣修の歌を鑑賞=酒井佐忠

 木俣修の短歌を知らない人も多くなった現在である。北原白秋の美意識を受け継ぎつつ、戦中戦後を生き抜く現実を格調高く歌った作品を残した。学究者としての功績も多い。歌人が没して三十数年を経たいま、木俣を師として仰ぐ外塚喬が、『木俣修のうた百首鑑賞』(現代短歌社)を刊行した。外塚は現在、仲間たちと冊子「木俣修研究」の出版を続けているが、最晩年までの鑑賞本は初めて。師に長く接した歌人ならではの精密な読みで、人間像が浮き彫りにされる。

 <地平の果もわが佇(た)つ丘もさばかるるもののごと鎮み冬の落日>。歌集『冬暦』にある代表歌。裁かれ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文565文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです