メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

木俣修の歌を鑑賞=酒井佐忠

 木俣修の短歌を知らない人も多くなった現在である。北原白秋の美意識を受け継ぎつつ、戦中戦後を生き抜く現実を格調高く歌った作品を残した。学究者としての功績も多い。歌人が没して三十数年を経たいま、木俣を師として仰ぐ外塚喬が、『木俣修のうた百首鑑賞』(現代短歌社)を刊行した。外塚は現在、仲間たちと冊子「木俣修研究」の出版を続けているが、最晩年までの鑑賞本は初めて。師に長く接した歌人ならではの精密な読みで、人間像が浮き彫りにされる。

 <地平の果もわが佇(た)つ丘もさばかるるもののごと鎮み冬の落日>。歌集『冬暦』にある代表歌。裁かれ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  4. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです