メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

14歳藤井四段、羽生3冠破る 非公式戦

藤井聡太四段

 将棋の藤井聡太四段(14)が、インターネットテレビ局「AbemaTV」で23日に放送された番組で3冠を持つ羽生善治王位(46)に勝った。番組が企画した非公式戦で、佐藤康光九段(47)も破って6勝1敗の好成績を上げた。昨年、史上最年少の14歳2カ月で棋士になり、公式戦も13連勝と、快進撃が続く。

 同TVの将棋チャンネル開局を記念した企画で、23日まで毎週放送された。藤井四段が対戦したメンバーは、若手の強豪やA級棋士。デビュー直後の藤井四段の戦いぶりが注目されていたが、2戦目で永瀬拓矢六段(24)に敗れた以外は堂々の勝ちっぷりを見せた。

 藤井四段は「気負わず自然体で指そうと思って臨みました。終盤、勝ちを意識した局面で読み筋にない手を指され、動揺しました。終盤における羽生王位の怖さを実感しました」と話した。

 一方、羽生王位は「初顔合わせでしたが鋭い攻めの棋風の印象を持ちました。また、新人とは思えないくらいの落ち着きを持っています。これからますます成長していくと思いますので、どんな棋士になるかとても楽しみです」と感想を語った。【山村英樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです