メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ空へ 1988人工ふ化

多摩動物公園で初のふ化

[PR]

 東京日野市の多摩動物公園で、五日、ニホンコウノトリの赤ちゃん誕生が確認された。「ニホン」と名前はついていても、日本ではすでに絶滅。中国産のニホンコウノトリ二十一羽が同動物公園など四カ所で飼われているが、無事ふ化したのは初めて。

 ヒナをかえしたのは六十年六月に中国ハルビン動物園からやって来たカップル。午前十時ごろ、飼育係の杉田平三さん(35)がエサをやりにケージ内に入り、体長約一五cmのヒナを見つけた。このカップルは三月上旬に卵を四つ産み、その一つがふ化した。体はすでにかわいており、前の晩にかえったらしい。

 ニホンコウノトリは三十一年に特別天然記念物に指定されたが、四十六年に兵庫県豊岡市でオスが保護されたのを最後に絶滅した。その後、中国に生息している同じコウノトリを日本に持ち込み、動物園で飼育していたが、無精卵が多く繁殖の成功例はなかった。

 ケージ内のコウノトリは飛ばないように羽の一部を切るのが普通だが、今回は切らなかった。「おかげでバランスよく交尾できたのかもしれない」と同園。ヒナは巣の中に隠れ、外からは見えにくいが、「ビー」と鳴きながら、早速、親からエサをもらっていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです