メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

エンゲル係数、4年連続上昇 「食」に映る社会のSOS

子ども食堂「キタクマ」でデザート作りを手伝う子どもたち=東京都北区で7日

 かつて教科書で習った「エンゲル係数」が4年連続で上昇しているという。係数が高いほど生活水準は低いことを意味する経済指標だが、実際はどうなのだろう。「異変」の現場を歩いてみた。【鈴木梢】

「共働き」時短に出費 レジャー行けず「せめて」

 東京都北区の区民施設。キッチンから、カレーの匂いが漂ってくる。「おなか減ったー。ご飯まだ?」。夕方、子どもらが続々と集まってくる。

 この施設を使って月2回運営する子ども食堂「キタクマ」は昨年5月、地域の助け合いのために設立された。子ども食堂は貧困対策とみられがちだが、それがすべてではない。シングルマザーや夫婦共働きの家庭の子ども、高齢者など利用する人はさまざまだ。業務用のスーパーで食材を安く購入したり、寄付されたコメを使ったりして経費を抑え、81人が参加したこの日のカレーやデザートの材料費は計8477円。子どもは無料、大人は…

この記事は有料記事です。

残り2275文字(全文2657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです