メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画と歩んで

監督・降旗康男/下 若い世代につなぐ信念

 「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」など、日本の美しい風景を映す映画を撮り続けてきた降旗康男監督とカメラマン木村大作。そのコンビが9年ぶりにタッグを組んだ映画「追憶」が5月6日から東宝系で全国公開される。富山や能登半島を舞台に過去と向き合う主人公を演じたのは、今や数々の映画で主役を張る岡田准一。公開を前に降旗と岡田が撮影を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2143文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです