メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画と歩んで

監督・降旗康男/下 若い世代につなぐ信念

 「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」など、日本の美しい風景を映す映画を撮り続けてきた降旗康男監督とカメラマン木村大作。そのコンビが9年ぶりにタッグを組んだ映画「追憶」が5月6日から東宝系で全国公開される。富山や能登半島を舞台に過去と向き合う主人公を演じたのは、今や数々の映画で主役を張る岡田准一。公開を前に降旗と岡田が撮影を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2143文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです