メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

ポテチ販売中止相次ぐ 原料の7割、道産ジャガイモ 台風直撃で収穫減 作付け増やし回復へ /北海道

水害の被害を受けたジャガイモ畑=南富良野町幾寅地区で昨年9月、澤俊太郎撮影

 北海道を昨夏、襲った連続台風の影響で、品不足が表面化している大手菓子メーカーのポテトチップス。原料の7、8割が道産ジャガイモだといい、予想外のサプライチェーン(調達・供給網)のもろさが直撃した格好だ。産地では今季の作付け用に前年以上の種芋を用意して生産回復を図っているが、ポテトチップスはお茶の間のお供として復活できるか。【日下部元美、源馬のぞみ】

 カルビーによると、15日出荷分を最後に「ポテトチップス フレンチサラダ」など18商品の販売を終了し…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1118文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです