特集

第80期名人戦

第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第75期名人戦 第5局 県内23年ぶり 佐藤名人VS稲葉八段、倉敷で来月26・27日 観戦者など募集 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の第75期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は第2局で佐藤天彦(あまひこ)名人(29)が挑戦者の稲葉陽(あきら)八段(28)を退けて1勝1敗になり、倉敷市での第5局の開催(5月26、27日)が確実になった。大山名人記念館(同市中央1)によると、県内での名人戦は23年ぶり5回目で、倉敷では4回目になる。

 過去4回は(1)倉敷市出身の大山康晴名人と、弟子で備前市出身の有吉道夫八段による師弟対決(1969年倉敷市)(2)中原誠名人と大山永世名人の激突(86年岡山市)(3)開通を翌年に控えた瀬戸大橋のたもと近くであった中原名人と米長邦雄九段のライバル対決(87年倉敷市)(4)米長名人に新鋭の羽生善治4冠が挑んだ勝負(94年倉敷)--で、いずれも注目の対局だった(肩書は当時)。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文843文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集