おかやまお仕事図鑑

フェイシャルエステティシャン 「JEWEL。」の安藤玲加さんに聞く /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「美しい肌は健康な体から」と話すエステティシャンの安藤玲加さん=岡山市南区福富西で、石川勝己撮影
「美しい肌は健康な体から」と話すエステティシャンの安藤玲加さん=岡山市南区福富西で、石川勝己撮影

愚痴、悩み聞き解放の時間に 安藤玲加さん(48)

 南区福富西3のビル2階の1室で、エステティックサロン「JEWEL。(ジュエル)」を1人で営業しています。薬局の化粧品売り場担当を20年ほど務め、2007年10月に独立しました。

 美容には関心はありましたが、ある時、「女性が素肌を見せるのは家族か医師か信頼できるエステティシャンの前だけ」という言葉を聞き、「エステは特別なもの」という思いが募り退職しました。エステスクールに半年通い、エステティシャンの認定資格を取得しました。

 40代以上の肌ケアを得意にしています。人気のコースは「エイジングケア」。シミや小ジワを目立たせなくして、専用の機械で首や肩の筋肉を緩め顔のたるみをリフトアップします。美しい肌は健康な体から生まれるという考えから、「美容と健康の両立」を目指し、「肌活・眠活・温活」の3本柱を掲げています。快眠とそのために体を冷やさないことが大切で、睡眠や健康管理の指導士の認定も受けました。お客さんには肩甲骨を回すと…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文962文字)

あわせて読みたい

注目の特集