メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・マンション漂流

/上 修繕、リベート横行

大規模修繕工事のリベートの構図

 分譲マンションで十数年ごとに実施される大規模修繕工事。専門知識を持たない管理組合のため、管理会社や設計事務所がコンサルタントとして支援することも多い。ところが悪質なコンサルが施工業者にリベートを要求するケースが相次いでいる。工事費の高騰や手抜き工事につながるが、多くの住民は気付いていない。

 約2年前、初の大規模修繕を控えた埼玉県の高層マンション。コンサルとなった東京の設計会社が管理組合に示した工事の概算額は、住民がためた修繕積立金とほぼ同じ4億円だった。「積立金を使い切ろうとしているのでは」。修繕委員長の男性は不審に思った。

 コンサルは施工業者選びや仕上がりのチェック(監理)を担う。費用が妥当か吟味するのも役目だ。だが、コ…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1414文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  3. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  5. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです