メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・マンション漂流

/上 修繕、リベート横行

大規模修繕工事のリベートの構図

 分譲マンションで十数年ごとに実施される大規模修繕工事。専門知識を持たない管理組合のため、管理会社や設計事務所がコンサルタントとして支援することも多い。ところが悪質なコンサルが施工業者にリベートを要求するケースが相次いでいる。工事費の高騰や手抜き工事につながるが、多くの住民は気付いていない。

 約2年前、初の大規模修繕を控えた埼玉県の高層マンション。コンサルとなった東京の設計会社が管理組合に示した工事の概算額は、住民がためた修繕積立金とほぼ同じ4億円だった。「積立金を使い切ろうとしているのでは」。修繕委員長の男性は不審に思った。

 コンサルは施工業者選びや仕上がりのチェック(監理)を担う。費用が妥当か吟味するのも役目だ。だが、コ…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです