メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

U20W杯 高い意識持ち続けて J1札幌・MF 小野伸二(37)

=荻野公一撮影

 U20W杯での日本の最高成績は1999年、前身の世界ユース選手権での準優勝。この時の主将だったMF小野伸二(37)=札幌=に大会の記憶、現在の代表候補への思いを聞いた。【大谷津統一】

 --98年W杯フランス大会に18歳で出場した翌年、世界ユース選手権ナイジェリア大会を迎えた。

 ◆自分たちの世代はクオリティーが高く、A代表と遜色なかった。全員仲が良く、何をやるのも一緒と意識づけられていた。

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文1920文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです