損害保険各社

「ネット炎上」に対応 多様なサービス提供

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 損害保険各社は、インターネット上で企業への批判的な書き込みが殺到する「ネット炎上」に対応したサービスに力を入れている。炎上が深刻な業績悪化に発展するケースもあるだけに、各社は炎上に備えた保険や講習など多様なサービスを提供し、企業の対策を後押しする構えだ。

 近年は食品への異物混入や飲食店員の不衛生な行為の写真がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散し、企業が対応に追われるケースが頻発。ネット上のリスクを監視する「エルテス」(東京都)によると、企業のネット炎上件数は2013年483件▽14年667件▽15年1002件と増加しており、10年(102件)の約10倍に達している。

 ひとたび「炎上」が発生すると、企業は原因調査や拡散防止、おわび広告掲載などの対応が必要となる。過去の例では収束におおむね3カ月かかり、費用は月あたり300万円に上るという。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文981文字)

あわせて読みたい

注目の特集