メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ユネスコ文化遺産登録」目指す推進協設立

設立総会後の記者会見を終えた登録推進協議会の俳人、役員ら。前列右から3人目が岡本栄市長=2017年4月24日、伊賀市提供

 「俳句」のユネスコ無形文化遺産登録をめざす推進協議会(有馬朗人会長)が24日発足した。東京都荒川区で開かれた設立総会には俳句4協会と同区、三重県伊賀市、松山市、岐阜県大垣市をはじめ、俳人ゆかりの30自治体の関係者ら360人が参加した。今後、関係省庁への要請や署名活動を通じて登録運動を本格化させる。

     協議会名誉会長に中曽根康弘元首相が、名誉顧問には鷹羽狩行・俳人協会名誉会長、金子兜太・現代俳句協会名誉会長、ベルギーの俳人で前欧州連合(EU)大統領のヘルマン・ファンロンパウ氏がそれぞれ就任した。

     有馬会長は「登録活動を進める他の団体に抜きんでるべく、関連自治体の協力を得て全国に賛同を呼びかけたい」とあいさつした。【井上卓弥】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象
    2. クリップ 受信料の世帯支払率78.2%
    3. NHK受信料訴訟 「合憲」と法相 最高裁に意見書
    4. 藤井四段 歴史塗り替えた 10代対決、圧巻の終盤
    5. 藤井四段 タクシー送迎、対局は土日活用…連盟が対策

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]