メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡県に1億2000万円支払い命令

福岡地裁 試合中にけがをして手足に障害が残る

 福岡県の県立高校の武道大会で柔道の試合中にけがをして手足に障害が残ったのは、教諭らが必要な指導を怠ったためとして、同校の生徒だった男性(22)と両親が県を相手取って計2億6800万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁(平田直人裁判長)は24日、県に約1億2000万円の支払いを命じた。

     平田裁判長は「大会はクラス対抗形式で競争心や顕示欲を必要以上にあおりかねないが、大会固有の危険性を十分に説明したとは認められない。安全指導の基本を欠いていた」と指摘。さらに前年度の大会で2件の事故が起きたのに予防策を協議した形跡もないことも挙げ、教諭らの注意義務違反を認定した。

     判決によると、男性は県立高1年だった2011年3月11日、同校であった武道大会の柔道の試合中、相手に払い腰を掛けようとしてバランスを崩し、左側頭部から転倒。頸髄(けいずい)損傷などによって両手足に障害が残り、車椅子生活となった。

     同校では1、2年生の男子が参加して柔道と剣道の2種目で武道大会を毎年開いていたが、事故を受けて12年から取りやめている。県の城戸秀明教育長は「判決内容を慎重に検討し今後の対応を考える」とコメントした。【平川昌範】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し
    2. 大分県警 暴力団親交者との不適切な交際など 不祥事続く
    3. 北朝鮮 台湾も対北制裁措置 貿易を全面的に禁止
    4. ORICON NEWS 元つんく♂プロデュースの演歌歌手・歌恋、整形した過去を告白
    5. 恐喝未遂 坂口杏里容疑者逮捕 ホストに「写真ばらまく…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]