メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『レンズの下の聖徳太子』『在りし、在らまほしかりし 三島由紀夫』

時どき思い出してかみしめる敬愛する人たちの珠玉の言葉

◆『レンズの下の聖徳太子』赤瀬川原平・著(幻戯書房/税別3200円)

◆『在りし、在らまほしかりし 三島由紀夫』高橋睦郎・著(平凡社/税別2600円)

 『レンズの下の聖徳太子』は、私が中央公論社で発行していた文芸誌『海』編集部に在籍していたとき、赤瀬川原平さんに依頼した作品だった。

 私はすでに赤瀬川さんを“ゲンペーさん”と呼んで、親しいつき合いをさせてもらっていたが、赤瀬川原平の…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです