メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治・著

睡眠の質を担保するキモは眠り始めにある

◆『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治・著(サンマーク出版/税別1500円)

 睡眠不足は、たくさん寝て解消……できないのが、眠りの問題の悩ましさだ。本書では、慢性的な睡眠不足を借金と同じように〈睡眠負債〉と喩(たと)える。実際、負債が込んでくるとパフォーマンスが落ち、肥満や糖尿病、高血圧といった健康リスクも高まる。時間を作って寝だめようとしても貯金のようには増えていかない上に、近年の研究では、必要以上に眠りすぎることも、短時間睡眠と同じように健康リスクがあるとわかってきた。

 ショートスリーパーといわれる短時間睡眠が向く人もいるが、それは遺伝であり、メソッドなどで身につくも…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです