メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Listening

<デジタルで学ぼう>SNS使って復興を模索 福島県立ふたば未来学園高校

国際会議での発表内容を話し合う中高生ら=宮城県南三陸町で

 東日本大震災で被災した高校生が、地域の復興を模索している。福島県立ふたば未来学園高校(福島県広野町)は、「原子力災害からの復興」を掲げた授業「未来創造探究」を設けており、生徒らはこの授業の中で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による情報発信を行う「メディア・コミュニケーション」や地域のコミュニティーづくりを学んでいる。今年8月、東京で開催される国際会議「生徒国際イノベーションフォーラム」で、活動について発表する予定だ。

 「『復興』という言葉は、きちんと定義付けをしないと、とらえ方が一人一人違うと思うよ」「地元が好きで…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです