メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

ペギー葉山/上 疎開先 母思い描いた「ドーナツ」に涙=専門編集委員・川崎浩

 1931年満州事変が起き、日本国内でも戦争の色がにじんできていた33年11月9日、小(こ)鷹狩(たかり)繁子は東京・四谷に生まれた。すでに姉が2人おり「今度こそ男児」と期待していた同居の祖父は落胆し、提出を頼まれた出生届を役所に出さず、結局、繁子は「公式」には12月9日生まれとなった。後のペギー葉山である。

 この祖父は、会津・白虎隊の生き残りで、北海道に渡り、校長先生になった。特に音楽教育に熱心で、小鷹狩…

この記事は有料記事です。

残り1285文字(全文1490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです