メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

こんな人々が大臣なのだ

 安倍内閣の閣僚や政務官のあぜんとする暴言や不祥事が続く。

 今村雅弘前復興相は記者の質問に激高して東京電力福島第1原発の自主避難を「本人の責任」と発言。反省したかと思いきや、今度は東日本大震災に関し「(発生場所が)まだ東北でよかった」と言い放った。辞任は遅過ぎたほどだ。

 山本幸三地方創生担当相は誤った知識をもとに「一番のがんは文化学芸員」と語って釈明に追われた。金田勝年法相は組織犯罪処罰法改正案の説明がままならず、「答弁のお助け役」として法務省刑事局長を参考人として呼ぶよう与党が強引に決める異例の事態となった。

 いずれも大問題だ。しかし安倍晋三首相はその都度、即座に更迭するなど、これまできちんとけじめをつけな…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです