メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朗読劇

「線量計が鳴る」 中村敦夫さん、脱原発訴え 甲府で来月7日 /山梨

 俳優で、作家の中村敦夫さんによる朗読劇「線量計が鳴る」が5月7日、甲府市の県立図書館多目的ホールで上演される。原発で働き、原発ですべてを失った技師の物語。脱原発の切り口で、中村さん自らが書き上げた。朗読を通じ、原発政策の問題点を訴える。

 テレビ時代劇「木枯し紋次郎」が出世作の中村さん。情報番組のキャスターを務め、参院議員としても活躍した。近年は環境問題に関心を寄せているといい、脱原発を訴えてきた。

 劇の副題は「元・原発技師のモノローグ」。主人公は、東京電力福島第1原発で働いていた配管技師との設定…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文506文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです