連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

国環研琵琶湖分室って何? /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立環境研究所琵琶湖分室の研究員も利用する滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの実験室=大津市柳が崎で、北出昭撮影
国立環境研究所琵琶湖分室の研究員も利用する滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの実験室=大津市柳が崎で、北出昭撮影

生態系や水質環境など分析 県内他機関とも連携協力

 なるほドリ 国立環境研究所(国環研)の琵琶湖分室が大津市にできたけれど、国環研とはどういう組織なの?

 記者 環境研究に総合的に取り組む国内唯一の研究所です。1974年、茨城県つくば市に国立公害研究所として発足し、90年に現在の名称になりました。地球の温暖化や生物・生態系の環境、大気汚染、資源循環、災害環境など広範囲にわたる研究をして、環境問題解決のためにさまざまな情報を発信しています。職員は契約職員を含め854人です(昨年4月現在)。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1068文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集