メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センダン

一緒に成長だ 蜂ケ岡中で植樹式 官学の研究に協力 /京都

「センダン」の苗木を植える科学部の生徒=京都市右京区の蜂ケ岡中で、国本ようこ撮影

京の春 自然慈しみ 息吹感じて

 校庭に成長の早い樹木を植え、観察することで森林への理解を深めてもらおうと、京都市右京区の蜂ケ岡中学で25日、「センダン」の記念植樹式があった。林野庁近畿中国森林管理局が、府立大と取り組んでいる研究の一環。研究に参加し手入れを担当することになった科学部の生徒11人が、約70センチの苗木6株を植えた。【国本ようこ】

 センダンは全国に広く分布する広葉樹。木材として収穫するまでに必要な年数は約15~20年で、50~6…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです