メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
近影遠影

高橋一清・あの日あの人/97 宮本輝 逆境に抗う明るい読後感 /島根

 文藝春秋での38年間、文藝担当の編集者として働いた。既成の作家に新作をいただくほか、無名の新人作家を芥川賞、直木賞へと導いた。私は少年のころから野球を楽しみにしていた。投手もしたが捕手もした。捕手は投手を引き立て、思い切り投げさせ、どんな投球でも受けとめる。作家は投手に、編集者は捕手に似ている。作家と向かい合うとき、捕手の経験が役立った。

 昭和50(1975)年秋、「文學界」新人賞の応募原稿を読んでいて、これまでになく興奮した。面白い。しかし、制限枚数で終わらず、未完の作品だった。これでは残せない。だが、この筆者には、私が抱いた思いを伝えたいと、中間発表のとき、独断で「予選通過作品」の扱いをした。後で知ることだが、それを見た筆者は、何かを感じたようで、次作に挑む気持ちになったという。これが作家宮本輝さんの誕生へとつながる。宮本さん…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです