メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

武家の家督を継いだ…

[PR]

 武家の家督(かとく)を継いだまじめな兄が弟に聞いた。「お前はこれから先、何になるつもりか」。弟は答えた。「まず日本一の大金持ちになって、思うざま金を使うてみようと思います」。忠孝一筋の兄は苦い顔をした▲弟は福沢諭吉(ふくざわゆきち)である。その兄は40両の借金を残して早世したが、諭吉は漢学者だった父の残した蔵書類をはじめ家財一切をきれいさっぱり処分して借金を返済した。これにより諭吉は文字通り「独立自尊」を手に入れることができた▲だがさすがの諭吉も、自らの顔が大金持ちに思うさまに使われる世がくることは想像できなかったろう。もちろん送金や決済は多くが電子化された今日である。なのに諭吉の肖像のある「現金」がものをいう世界は依然、健在らしい▲「1万円札5枚で5万9000円」。聞けば驚くが、諭吉のお札の写真入りでこんな売買が持ちかけられていたという。不用品売買のスマホのアプリやネットのオークションサイトに現金が出品され、売買されていたという話である▲すぐに現金の欲しい買い手がクレジットカードで決済し、利用枠を現金化していたらしい。運営元は「マネーロンダリング(資金洗浄)のおそれがある」と現金の出品を禁止し、監視を強めるという。何ともあやしい“現金取引”だ▲先日は福岡市で運搬中の3億8400万円が強奪され、同じ日にたまたま7億円を運んでいた男らが空港で取り押さえられた。どうやら世人の想像以上に思うさまに使われているらしい諭吉の顔である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです