メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラボレーション展

「金子みすゞ・金澤翔子-ひびきあう詩と書」 5月3~8日、東京・日本橋三越本店で

「こだまでしょうか」 金澤翔子書 2014年

純粋な感性、自由に表現

 大正末期から昭和初期にかけて活躍した童謡詩人、金子みすゞ。1985年生まれのダウン症の書家、金澤翔子。時代を超えたコラボレーション展「金子みすゞ・金澤翔子-ひびきあう詩と書」が5月3日から東京都中央区の日本橋三越本店で開催される。慈愛に満ちたみすゞの詩から、純粋無垢(むく)な翔子の感性を通して生み出された作品群が心に響く。みすゞの残した手帳など貴重な資料や翔子の代表作も展示。2人の醸し出すハーモニーは絶妙だ。

 幻の童謡詩人と言われていた金子みすゞの遺稿集が見つかり、よみがえりのきっかけとなったのは84年に出…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1547文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]