メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラボレーション展

「金子みすゞ・金澤翔子-ひびきあう詩と書」 5月3~8日、東京・日本橋三越本店で

「こだまでしょうか」 金澤翔子書 2014年

 大正末期から昭和初期にかけて活躍した童謡詩人、金子みすゞ。1985年生まれのダウン症の書家、金澤翔子。時代を超えたコラボレーション展「金子みすゞ・金澤翔子-ひびきあう詩と書」が5月3日から東京都中央区の日本橋三越本店で開催される。慈愛に満ちたみすゞの詩から、純粋無垢(むく)な翔子の感性を通して生み出された作品群が心に響く。みすゞの残した手帳など貴重な資料や翔子の代表作も展示。2人の醸し出すハーモニーは絶妙だ。

 幻の童謡詩人と言われていた金子みすゞの遺稿集が見つかり、よみがえりのきっかけとなったのは84年に出版された「金子みすゞ全集」(JULA出版局)だ。翔子の母、泰子はみすゞの詩に感動し、この全集を手にしたという。この時、身ごもっていたのが翔子だった。

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです