メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

私を助けてくれた礼儀作法=C・W・ニコル

咲き始めたカタクリの花=長野県信濃町で、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 日本の女性に「紳士とは?」と尋ねると、大概、「強くて、礼儀正しく、正義感あふれる男性」という答えが返ってくる。「背が高くて、堂々として、ハンサム」なら、なおいいらしい。

 かくいう私も「紳士たること」を人生の目標の一つとして生きてきたが、そう簡単なことではなかった。私は1940年、第二次世界大戦開戦の翌年にウェールズで生まれた。出征した実父との再会はかなわず、父を手本とすることはできなかった。代わって、私の人生に絶大な影響を与えたのは母方の祖父だ。第一次世界大戦で志願兵として戦ったという祖父は、私に自らの人生哲学を教えこんだ。

 祖父は12歳で炭鉱に働きに出た。読書家で言葉遣いも上品だったが、大学はおろか高校も出ていない。オペラ好きで、独学でイタリア語を学んだ。ウェールズ語に英語、それにフランス語も少々。そんな祖父を周りの人は「たたき上げの紳士」と評した。まだ幼い頃から、祖父は私に「早く一人前になれ、強くやさしい男(ジェントルマン)になって母さんを守ってやれ」と、くり返した。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです