メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 健康格差社会をどうする=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

社会保障の機能強化を

 日本には「いのちの格差」がある。低所得の人、十分に教育を受ける機会を得られなかった人、非正規雇用の人など、社会的に困難を抱えた人たちで、うつや認知症リスクなどの健康指標が悪く死亡率が3倍も高い。そんな格差社会は是正したいと「健康格差社会への処方箋」(医学書院)という本を出した。

 寄せられる意見にはいろいろなものがある。「ここまでひどいとは。なんとかすべきだ」などに交じって、食生活の乱れや喫煙など、本人の努力で変えられることがあるのだから「健康は自己責任だ」という声も多い。ゴールド免許のように、努力している人の健康保険料を安くしようという提案もある。

 確かに一部には本人の責任もある。一方で、子どもや新入社員のように、自己責任とは言いがたいものも多い…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです