メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

JR四国 発足30年

 <オピニオン opinion>

 発足から30年を迎えたJR四国は、不採算路線を抱え、少子高齢化で乗客の伸びは期待できず、整備が進む高速道路の影響を受けて苦しい経営が続いている。一方で、地域の重要な公共交通としての役割は大きい。JR四国の取り組みは、全国で沈滞する地方交通の道標になるのか、2人に語っていただいた。【松本泉】

この記事は有料記事です。

残り2565文字(全文2727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 桜を見る会中止 首相「私の判断」

  4. 桜を見る会 「ヒラ議員枠」は1議員4人 閣僚は「10~40人」枠

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです