メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捕鯨

真実に迫る「ビハインド・ザ・コーヴ」ネット配信

立ち入り禁止の鯨類追い込み漁の現場を撮影する反捕鯨団体のメンバー=作品より、八木監督提供

 和歌山県太地町の鯨類追い込み漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」に対する「反論映画」とされる日本のドキュメンタリー作品「ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る」(105分)が26日、有料番組としてインターネットに初めて配信される。上映予定だった映画館ではホームページがサイバー攻撃を受けるなど困難にも直面してきた。同日が50歳の誕生日という八木景子監督=東京都渋谷区=は「伝えたいのは、どちらが正しいということでなく、捕鯨問題の真実。ようやく広く見てもらえるチャンスに恵まれた」と喜ぶ。

 ザ・コーヴは2010年に米アカデミー賞を受賞した。これを機に国際的な反捕鯨の機運が高まり、国際司法…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです