捕鯨

真実に迫る「ビハインド・ザ・コーヴ」ネット配信

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立ち入り禁止の鯨類追い込み漁の現場を撮影する反捕鯨団体のメンバー=作品より、八木監督提供
立ち入り禁止の鯨類追い込み漁の現場を撮影する反捕鯨団体のメンバー=作品より、八木監督提供

 和歌山県太地町の鯨類追い込み漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」に対する「反論映画」とされる日本のドキュメンタリー作品「ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る」(105分)が26日、有料番組としてインターネットに初めて配信される。上映予定だった映画館ではホームページがサイバー攻撃を受けるなど困難にも直面してきた。同日が50歳の誕生日という八木景子監督=東京都渋谷区=は「伝えたいのは、どちらが正しいということでなく、捕鯨問題の真実。ようやく広く見てもらえるチャンスに恵まれた」と喜ぶ。

 ザ・コーヴは2010年に米アカデミー賞を受賞した。これを機に国際的な反捕鯨の機運が高まり、国際司法裁判所が14年3月、日本に南極海での調査捕鯨の中止を命じた。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文881文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集