ハヤブサ

白い毛寄せ合って 石川県庁で2年連続5羽ふ化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たに誕生したハヤブサのヒナ5羽と親鳥=石川県自然環境課提供
新たに誕生したハヤブサのヒナ5羽と親鳥=石川県自然環境課提供

 「チュン、チュン、チュン」。石川県庁舎(金沢市)の高層階ベランダでこの春も、ハヤブサの赤ちゃん5羽が誕生した。ふわふわした白い毛を仲良く寄せ合い、巣立ちの日を待っている。

 ハヤブサは国と県指定の絶滅危惧種。石川県内では能登半島や加賀地方の海岸に繁殖する。県庁舎では2005年以降、ベランダでの産卵を確認…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集