特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島・原爆資料館

触れる模型・CGも…東館リニューアル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島市の原爆資料館の東館が26日、リニューアルオープンした。コンピューターグラフィックス(CG)で作った原爆投下時の映像を市街地模型に投影した「ホワイトパノラマ」を見たり、視覚障害者らのために原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)の模型に触れたりできるのが特長で、新しい展示を見ようと開館時は多くの来館者が詰めかけた。

 市は2014年9月、東館を閉鎖して改装を進めていた。さまざまな情報を検索できるタッチパネルなど、デジタル技術も駆使している。本館も26日に閉鎖して改装に入り、来年7月のオープン予定。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文544文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集