メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通潤橋

復旧工事公開へ…放水、休止中 熊本・山都

通潤橋(右奥)の手前に設置された見学所。橋にはブルーシートがかけられている=熊本県山都町で2017年4月26日、中里顕撮影

 熊本地震による水漏れで名物の放水ができなくなった熊本県山都(やまと)町の「通潤橋(つうじゅんきょう)」の復旧工事を見ることができる見学所が完成し、26日に報道陣に公開された。27日から一般開放される。

 通潤橋は江戸時代の1854年に建設された日本最大級の石造りのアーチ水路橋で、長さ75.6メートル、幅6.3メートル、高さ20.2メートル。1960年に国の重要文化財に指定された。水路に堆積(たいせ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  4. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  5. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです