山菜採り

有毒植物「採らない、食べない、あげない」長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
左が食べられるニラ、右が有毒のスイセン=長野県提供
左が食べられるニラ、右が有毒のスイセン=長野県提供

 雪解けと共に長野県内でも山菜採りシーズンが本格化し、県は山菜と間違えて有毒植物を食べないよう注意を呼び掛けている。県食品・生活衛生課によると、県内では昨年、スイセンとバイケイソウによる食中毒が3件(患者17人)発生。同課は「他県では死亡事例もある。気を付けてほしい」としている。

 同課によると、統計が残る1976~2016年の40年間、有毒植物による食中毒は18件(患者67人)発生した。間違いが多い順にみると▽オオバギボウシやギョウジャニンニクと間違えやすいバイケイソウ・コバイケイソウが4件(同12人…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

あわせて読みたい

ニュース特集