メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

避難の混乱後世に 双葉町が震災記録誌

原発事故発生当時の福島県双葉町の状況を町民らの証言でつづった「震災記録誌」を手にする大住宗重さん=福島県いわき市の双葉町仮役場で、乾達撮影

元広報課長・大住さん 町職員らから聞き取り 捜索できず無念の声も

 福島県双葉町は、東日本大震災から6年を機に東京電力福島第1原発事故直後の混乱や、埼玉県への避難などの歩みを「震災記録誌」(A4判、320ページ)にまとめた。震災の発生当時、双葉町長のそばで対応に当たった元秘書広報課長で、編集を担当した大住宗重さん(62)は「世界に類を見ない災害で毎日歴史を刻んでいると言われた日々をようやく記録に残せた。後世に生かしてほしい」と話している。

 大住さんらは、町職員や町民ら64人から話を聞き取り、町内で21人が犠牲となった津波被害、震災翌日か…

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです