メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済財政諮問会議

私大の再編提言 国立との統合も

 政府の経済財政諮問会議が25日開かれ、民間議員が、経営が厳しい私立大学について、国立大学との統合や大学運営からの円滑な撤退を促す制度作りを提言した。乱立する私大の再編・淘汰(とうた)により国の予算を効率的に配分し、質の高い教育を受けられる環境を整える狙いがある。6月に策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」に反映させたい考えだ。

 少子化の影響で、規模の小さい私大では定員割れを起こすなど経営環境が悪化。一方、中国や韓国の台頭でアジアにおける日本の大学の評価は低下してきており、教育予算の戦略的な配分が課題となっている。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです