クマ

襲われ70代女性重傷 猟友会が射殺 岐阜・高山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
クマが出没したとみられる場所で警戒する警察官=岐阜県高山市石浦町で2017年4月25日午後9時30分、大竹禎之撮影
クマが出没したとみられる場所で警戒する警察官=岐阜県高山市石浦町で2017年4月25日午後9時30分、大竹禎之撮影

 25日午後7時50分ごろ、岐阜県高山市石浦町で、「人がクマに襲われた」と110番があった。県警高山署によると、同町に住む無職女性(73)が自宅玄関前で頭や首をかまれて重傷を負ったほか、女性の次女(47)と近くに住む会社員男性(40)が尻や左脚などをかまれて軽傷。クマは同9時ごろ、地元猟友会の会員が射殺した。

 同署によると、クマは同市石浦町6のコープぎふ飛騨支所付近の路上でジョギング中の男性を襲った後、北東に約160メートル離れた民家の玄関先で母娘の2人を襲った。クマは民家の脱衣場に閉じ込められ、射殺された。クマはツキノワグマのメスの成獣。体長約1メートル10、体重120キロ。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文585文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集