メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福知山線脱線12年

入院乗り越え 31歳東京パラ目指す

アーチェリー「コンパウンドW1」 生きる目標射抜いて

 JR福知山線脱線事故で頸髄(けいずい)損傷の重傷を負い、車椅子で生活する岡崎愛子さん(31)=東京都港区=が昨秋から本格的にアーチェリーを始め、2020年の東京パラリンピックを目指している。「的の中心を射る爽快感がたまらない」。前を向いて生きる岡崎さんに新たな目標が加わった。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文860文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]