福知山線脱線12年

入院乗り越え 31歳東京パラ目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

アーチェリー「コンパウンドW1」 生きる目標射抜いて

 JR福知山線脱線事故で頸髄(けいずい)損傷の重傷を負い、車椅子で生活する岡崎愛子さん(31)=東京都港区=が昨秋から本格的にアーチェリーを始め、2020年の東京パラリンピックを目指している。「的の中心を射る爽快感がたまらない」。前を向いて生きる岡崎さんに新たな目標が加わった。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文860文字)

あわせて読みたい

注目の特集