メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無痛分娩

出産後、31歳母親が死亡 大阪・和泉

 大阪府和泉市の産婦人科医院で今年1月、女性(31)が麻酔を使って陣痛を和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産した際に意識不明になり、10日後に死亡していたことが捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は人工呼吸などの対応が十分に取られなかった可能性があるとして、業務上過失致死容疑で医師の立件を視野に捜査している。

     捜査関係者によると、女性は1月、和泉市の「老木レディスクリニック」で脊髄(せきずい)の外側に局所麻酔薬を注射する無痛分娩を試みたが容体が悪化。赤ちゃんは無事生まれたが、女性は10日後に低酸素脳症で死亡した。府警は、医師が麻酔を誤った場所に投与し、女性が呼吸困難になったのに適切に対処しなかった可能性があるとみている。

     厚生労働省の担当者によると、無痛分娩で麻酔薬が誤って血管や脊髄などに投与されれば、意識を失ったり血圧が急激に低下したりするなどのリスクがある。【山田毅、村田拓也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シングルマザー 3人に1人「クリスマスなければいい」
    2. 福井県警 女子中学生誘拐容疑で愛知の27歳無職男逮捕
    3. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
    4. JR東海 名古屋駅在来線2番線ホームを一時使用停止
    5. 世界の雑記帳 「サンタは僕の悩みを知らない」、6歳の米少年の手紙が話題に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]