メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出産後、31歳母親が死亡 大阪・和泉

 大阪府和泉市の産婦人科医院で今年1月、女性(31)が麻酔を使って陣痛を和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産した際に意識不明になり、10日後に死亡していたことが捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は人工呼吸などの対応が十分に取られなかった可能性があるとして、業務上過失致死容疑で医師の立件を視野に捜査している。

     捜査関係者によると、女性は1月、和泉市の「老木レディスクリニック」で脊髄(せきずい)の外側に局所麻酔薬を注射する無痛分娩を試みたが容体が悪化。赤ちゃんは無事生まれたが、女性は10日後に低酸素脳症で死亡した。府警は、医師が麻酔を誤った場所に投与し、女性が呼吸困難になったのに適切に対処しなかった可能性があるとみている。

     厚生労働省の担当者によると、無痛分娩で麻酔薬が誤って血管や脊髄などに投与されれば、意識を失ったり血圧が急激に低下したりするなどのリスクがある。【山田毅、村田拓也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都労委 アリさんマーク「引越社」に不当労働行為認定
    2. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    3. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
    4. 夏の高校野球 花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初
    5. 昭恵氏付 谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]