メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
書の世界

矢萩春恵展「お・と・こ・ぎ」 広がる創造力の翼

 矢萩春恵展「お・と・こ・ぎ」(30日まで、東京・銀座の和光ホール)はテーマ(目標)を設定し、そこに向かって創造力の翼を大きく広げて飛び立ち続ける意欲に驚かされる。

 矢萩さんは東京生まれ。町春草さん、手島右卿さんに師事。2003年、毎日書道顕彰(啓蒙(けいもう)部門)。15年、手島右卿賞。現在、毎日書道展参与会員。独立書人団参事。夏雲会主宰。

 国内外で20回を超す個展を開催。近年、和光ホールで「書、そして、シェークスピア」(1996年)▽「…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです