メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五月花形歌舞伎

市川猿之助、中村勘九郎、七之助 8年ぶり共演、華やかに 大阪松竹座で

 宙乗りに、立ち回りにと、市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助が奮闘する「五月花形歌舞伎」が5月2日、大阪松竹座で始まる。同劇場にこの3人が顔をそろえるのは約8年ぶり。

 3人は若手の登竜門、東京・浅草公会堂の「新春浅草歌舞伎」に同時期に出演し、修業した仲。2009年2月には大阪松竹座での花形歌舞伎にそろって出演した。だが近年は個別の活躍が多く、久しぶりの顔合わせに「楽しみです」と声をそろえる。

 昼の部(午前11時)の鶴屋南北作「金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)」は、三代猿之助(現・猿翁…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1047文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです