メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 雪組「幕末太陽傳」 人間模様、コミカルに /兵庫

共に、新しい道を歩もうとする佐平次(右)とおそめ。主題歌では「旅立ち」や「新しい人生」を歌い、サヨナラ公演にふさわしい演目

 宝塚歌劇団雪組が宝塚大劇場で、ミュージカル「幕末太陽傳(でん)」(脚本・演出、小柳奈穂子)を上演している。川島雄三監督の代表作で、古典落語の滑稽(こっけい)話を多分に含んだ映画を舞台化。「北の吉原」と並び称された南の一大遊興地、品川宿の飯盛旅籠(めしもりはたご)「相模屋」を舞台に、町人や女郎、武士たちが織り成す人間模様をコミカルに描く。今公演で退団するトップコンビの早霧せいなと咲妃みゆが、寄る辺のない身を支え合い、新たな人生を共に歩もうとする男女を演じる。5月29日まで。【文・小寺裕子、大笹久光、写真・山田哲也】

 幕末は文久2年(1862)。佐平次(早霧)なる町人が「相模屋」を訪れる。豪勢に芸者をはべらせて大尽…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです